ニュースサイト
FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<なりたい仕事>キャバ嬢・ホステスが9位 不安定でも高給 若い女性の職業観とは(上)
ホステスキャバクラ嬢と言えば水商売の代名詞。色眼鏡でみられがち……というのも、どうやら今は昔の話らしい。ある調査では、キャバクラ嬢になりたい若い女性が増えているという結果まで出た。どうしてなのか。【小松やしほ】

 調査は、「下流社会」(光文社)で知られる消費社会研究家の三浦展さんによる、団塊ジュニアより下のZ世代(15~22歳)への携帯サイトを使ったアンケート。詳しくは三浦さんの新著「日本溶解論」(プレジデント社)に譲るが▽歌手、ミュージシャン公務員経営者、社長OL--など30の選択肢から「なりたい職業、してみたい仕事」を選んでもらったところ、「キャバクラ嬢・ホステス」が9位だったというのだ。

 ところで、キャバクラってどんなところなのか。

 通い詰めること10年、トレンドウオッチャーでキャバクラ研究の第一人者、木村和久さんに教えを請うた。

 「キャバクラは、ショーなどを見せるグランドキャバレーの楽しさと、高級クラブの豪華さを合わせた『キャバレー調クラブ』がコンセプト。82年に新宿に開店した『マイウェイ』が第1号です」

 「キャバクラ」の呼び名は「キャバレー調クラブ」から「キャバレークラブ」、さらに「キャバクラ」「クラキャバ」と縮まり、語呂がいいので「キャバクラ」に落ち着いたということらしい。

 クラブと違うのは「明朗会計、時間制」。木村さんは「1時間5000~1万5000円で、延長料金はいくらというのがシステム」という。ちなみに、キャバクラ嬢の時給は3000~5000円が相場だ。

     ■

 木村さん案内で六本木のキャバクラに出撃、働く女の子に話を聞いてみた。

 はるなさん(19)=源氏名、以下同じ=は法政大法学部の2年生。公共政策を勉強しており、米国留学をしたいと話す。「生活費だけで年200万円ぐらいかかるらしいので、できるだけためたいんです」。塾でも週2回教えている。留学費用は親に出してもらえないのか、と尋ねると「これまでいろいろしてもらっているし、やりたいことだから自分でやろうと思って」。キャバクラでのアルバイトは両親公認だが「一つでも単位を落としたら、大学をやめさせる」と言われているそうだ。

 美容学校2年のあずささん(19)もお金をためるため同店に。「美容師になっても2、3年は見習い。お給料が安くてやっていけないので、今のうちにためておかないと」。来春の卒業までに「少なくとも120万~130万円はためたい」。他に居酒屋のアルバイトもしているが「テスト前などは集中して勉強するので、シフト制の居酒屋よりキャバクラの方が時間の融通が利く」と話す。

 ゆきのさん(18)は実践女子大1年。「ドラマを見て、夜の仕事に興味があったし、時給がいいからやってみたいと思っていた」。なぜそんなにお金が欲しいのと聞くと「1人暮らしがしたい」。どうして、と重ねて問うと「父とうまくいってなくて……」とポツポツ話し始めた。

 父は普通の会社員、母親は中2の時に亡くした。幼いころから、父は浮気をして母に暴力を振るい、母はゆきのさんにあたったという。ゆきのさんは、両親の機嫌を損ねないよう「人に気を使って生きてきた」と話す。最近、父に思いを告げ「少し分かってもらえたので、自宅にいてもいいかな」と思っているそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000018-maiall-bus_all


クラブ★エージェント

クラブ★エージェントで交際相手を探してみませんか?

貴方のお好みに合う方をご紹介いたします。

Club★AGENT(クラブ★エージェント)
モバイル版 Club★AGENT(クラブ★エージェント)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mmnbk952.blog17.fc2.com/tb.php/30-f0a8fc2e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。