ニュースサイト
FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岡島に酷評「打撃練習の球」
 レッドソックス岡島秀樹投手(32)がアストロズ戦で、2-2の八回一死一塁から3番手で登板し暴投後に勝ち越しの中前適時打を許した。
チームは2-3で敗れ、0.5差で2位だったレイズパイレーツに勝ったため、6月3日以来の首位陥落。
一部地元メディアには「(岡島は)打撃練習の球」というア軍選手の酷評が載った。

 不振に苦しむ6月。敵地の大歓声が突き刺さる。
岡島が、この日も期待に応えられなかった。「彼にとってフラストレーションのたまる時期だろう」とレ軍のテリー・フランコナ監督(49)も渋い表情だ。

 同点の八回一死一塁から登板。ワンバウンドした低めのカーブをジェーソン・バリテック捕手(36)が後方に弾く(記録は暴投)などで二死二塁とされ、代打のマーク・ロレッタ内野手(36)に落ちなかったチェンジアップを中前に運ばれた。これが決勝打となり、チームは6月3日以来の2位に転落、レイズに首位を明け渡した。メジャー通算100試合目の節目の登板は、苦いものとなった。

 今季、5月までは23試合で防御率0.72だったが、左手首痛や体調不良の影響で6月の月間防御率は9.64(11試合)。しかも、走者を背負った場面からの登板では、これまで15走者のうち12人の生還を許している。

 悔しさを押し殺した岡島は「ノーコメントです」とだけ言って球場をあとにした。フランコナ監督は「それでもわれわれは岡島の力が必要」と擁護したが…。30日(同7月1日)からは首位レイズとの3連戦。岡島もチームも前半戦の正念場を迎える。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000045-sanspo-spo


クラブ★エージェント

クラブ★エージェントで交際相手を探してみませんか?

貴方のお好みに合う方をご紹介いたします。

Club★AGENT(クラブ★エージェント)
モバイル版 Club★AGENT(クラブ★エージェント)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mmnbk952.blog17.fc2.com/tb.php/55-b2380fca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。