ニュースサイト
FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無差別の凶刃に広がる悲しみ
 東京・秋葉原で8日起きた通り魔事件で、無差別に襲われた被害者たちは、東京都内の救急病院に次々と運び込まれたが、同日夜までに7人が亡くなった。「無念な思いだったはず」。遺族らは怒りと悲しみにくれた。

 武藤舞さん(21)の都立日比谷高時代の同級生だった男子大学生(22)は「明るい性格でクラスのムードメーカーだった。オーケストラ部に所属し、合唱祭では指揮を務めた。残念な最期で、悔しい気持ちでいっぱい」と事件への怒りをあらわにした。

 武藤さんが通学していた北区立浮間中によると、武藤さんはテニス部に所属し、3年時には都大会にも出場した。生徒会役員も務め、成績はクラスでトップだったという。テニス部の顧問だった荒木秀治教諭は9日、取材に「どんなことにも一生懸命で誰からも好かれる子だった。『人違いであってほしい』と思ったが本当に残念だ。容疑者が許せない」と話した。武藤さんは高校卒業後は東京芸術大の音楽学部に進み、音楽環境創造科(4年)で音響や録音の技術を研究していた。

 中村勝彦さん(74)は元歯科医で、今年3月に引退するまで東京都府中市内で夫婦で歯科医院を開業していた。事件当日は、秋葉原に長男とパソコンなどの買い物のため出かけた。家族によると、「2人で昼ご飯も済ませてくる」と機嫌良く自宅を出たという。長男が事件の騒ぎに気づいて探したとき、中村さんの姿は雑踏に紛れて見つけられなかったという。

 妻(74)は「無念としか言いようがない。まだ主人はやりたいことがたくさんあったと思います。たぶん、子どもたちや孫の将来を心配しながら、こういうことが二度とないようにと思ってるかなあと思います」。悲しみを押し殺して語った。

 東京電機大学2年、藤野和倫(かずのり)さん(19)は、トラックではねられ亡くなった。父親によると「友達とパソコンの部品を見に行く」と午前中から出かけたという。3人きょうだいの次男。家の手伝いをよくする優しい性格だった。

 両親は9日午前1時過ぎ、都内の病院からタクシーで帰宅。父親はぐったりした様子で「あまりにも突然のことで、悔しくて悔しくて仕方がありません。悪い夢を見ているようです」と言葉を詰まらせた。

 松井満さん(33)が通った神奈川県厚木市の小学校の担任だった浅見照枝さん(58)は「荷物を持っていたりすると『手伝うよ』と言ってくれるような、優しくて繊細なお子さんだった。なぜこんな事件に巻き込まれたのか、とてもショックです」と肩を落とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000017-mai-soci

クラブ★エージェント

クラブ★エージェントで交際相手を探してみませんか?

貴方のお好みに合う方をご紹介いたします。

Club★AGENT(クラブ★エージェント)
モバイル版 Club★AGENT(クラブ★エージェント)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mmnbk952.blog17.fc2.com/tb.php/7-02618c48



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。